富士通総研・機関誌「知創の杜」座談会記事

当社代表の野崎が参加した富士通総研の機関誌「知創の杜」での座談会記事

フォーカス「AI/IoT ―知識活用のデジタル化―」
http://www.fujitsu.com/…/…/column/opinion/2018/2018-2-2.html

が公開されました。

 

昨今のデジタル化の流れでAIやIoTへの期待が膨らんでいますが、知識活用の領域では実際どのように活用されているのでしょうか? 本対談では、「AI/IoT ―知識活用のデジタル化―」というテーマで、株式会社イーパテントの野崎代表取締役社長と富士通株式会社(以下、富士通)ものづくりビジネスセンターの鎌田センター長、富士通総研(以下、FRI)の野村ビジネスアナリティクスグループリーダー、川越マネジングコンサルタントに語っていただきました。進行役は森岡エグゼクティブコンサルタントです。

 

富士通総研・機関誌「知創の杜」フォーカス「AI/IoT ―知識活用のデジタル化―」

富士通総研・機関誌「知創の杜」フォーカス「AI/IoT ―知識活用のデジタル化―」

対談者

  • 株式会社富士通総研 ビジネスアナリティクスグループ グループリーダー 野村 昌弘
  • 株式会社富士通総研 執行役員 エグゼクティブコンサルタント 森岡 豊
  • 株式会社イーパテント 代表取締役社長 野崎 篤志
  • 富士通株式会社 ものづくりビジネスセンター センター長 鎌田 聖一
  • 株式会社富士通総研 デジタルサービス開発室 マネジングコンサルタント 川越 康司