リサーチデザイン – 母集団形成・検索式作成

イーパテントでは母集団形成・検索式作成を暗黙知から形式知化するために、特許検索マトリックスを提唱しています。

特許検索マトリックスを用いることで、特許検索式作成のプロセスを視える化し、作成者本人だけではなく、依頼主・他者からも特許検索式作成の思想を読み取ることができるようになります。

イーパテントでは、特許調査や知財情報分析・パテントマップ作成のベースとなるリサーチデザイン(母集団形成・検索式作成)サービスを提供いたします。

なお、特許検索式作成の過程で母集団に含まれるノイズ混入率(適合率・精度)も都度確認いたします。

ただし、形成された母集団をそのまま知財情報分析・パテントマップ作成に用いる場合は、目視によるノイズ除去を経なければいけない場合もございますので(検索式だけでは十分に分析対象技術に絞り切れずに目視による精査を行う必要がある場合)ご留意ください。

アウトプットは、検索式のみの場合、検索式+特許リスト(無加工)、検索式+特許リスト(加工済)のパターンがあります。出願人・権利者名義の名寄せ・統制や、お客様ご利用データベースへのリンク加工など各種データ加工にも対応していますのでお気軽にご相談ください。

 

特許・意匠情報調査

特許・意匠情報調査サービスとしては、

  • 出願前・審査請求前の先行技術調査
  • 無効資料調査
  • 有効性調査
  • 侵害防止調査・FTO
  • 技術収集調査

などの種類があります。調査可能国としては、

  • 日本
  • 米国
  • 欧州
  • 中国
  • 韓国
  • 東南アジア
  • 中東
  • 中南米

などがありますが、日本語・英語以外の言語については機械翻訳英語で対応いたします。

なお、対応不可な技術分野は下記技術分野となります。

  • 医薬品(A61K)
  • 有機化学(C07, C08)
  • バイオ(C12)

 

一般情報調査

お客様を取り巻く情報には多種多様なものがあります。右チャートの示す通り、特許や意匠などの知財情報は、その中の1つに過ぎません。

また近年は、学術文献や製品・サービスのカタログ・マニュアル、各種統計・報告書などが無料で入手できるような環境が整備されてきました。

とは言いながらも、必ずしも整った形でデータが提供されているわけではないので、データ収集の後に整理・加工(クレンジングなども含む)が必要です。

イーパテントでは、お客様からご要望いただいた主題・テーマについて、各種データベースを用いて情報抽出・整理を行います。一般情報調査で用いる主なデータベースは下記の通りです。

  • 全般
    • Google等の検索エンジン
    • 各国官公庁ウェブサイト
  • 学術文献
    • Google Scholar
    • CiNii
    • J-STAGE
    • ScienceDirect
    • Wiley Online Library
  • ニュース
    • 新聞社ウェブサイト
  • 企業情報
    • 日本:EDINET
    • 米国:Edgar
    • 欧州:Euronext、LSE (London Stock Exchange)